ホーム > 支援内容 > イベント > 過去のイベント

過去のイベント

東邦大学男女共同参画推進センター主催シンポジウム

“子どものけが” こんなときどうするの?

2011年 10月 22日(土) 13:00~14:30(受付:12:30~) 参加費 無料
会場 東邦大学大森キャンパス医学部3号館地下1階第3講義室
対象 一般の方、東邦大学教職員・学生
定員 130名
備考 無料託児サービスあり(要申し込み)
申し込み方法 10月14日(金)までに次の①~⑦をE-mailで送信していただくか、お電話でお申し込みください。
①氏名 ②連絡先(メールアドレス・電話番号等) ③参加人数、託児ご希望の方は④お子様のお名前 ⑤(シンポジウム当日の)ご年齢 ⑥性別 ⑦ご住所
お問い合わせ・申し込み先 東邦大学 男女共同参画推進センター
TEL:03-5763-6685
Mail:danjo-o@toho-u.ac.jp

東邦大学男女共同参画推進センター主催セミナー

子どもの心:愛着について

2011年 7月 1日(金) 10:30~11:30(受付:10:00~)

  • 参加費 無料(要申し込み)
会場 東邦大学大森病院5号館B1臨床講堂
対象 一般の方、東邦大学教職員・学生
定員 130名
備考 無料託児サービスあり(要申し込み)
申し込み方法 6月24日(金)までに次の①~④をE-mailで送信していただくか、お電話でお申し込みください。
①氏名 ②連絡先(メールアドレス・電話番号等) ③参加人数 ④託児サービス希望者は、子どもの年齢・性別・ご住所
お問い合わせ・申し込み先 東邦大学 男女共同参画推進センター
TEL:03-5763-6685
Mail:danjo-o@toho-u.ac.jp

東邦大学男女共同参画推進センター主催シンポジウム

これって病気なの!? 子どもの病気の初期症状

2011年 2月 22日(火) 13:30~15:00(受付:13:00~)

  • 参加費 無料
会場 東邦大学大森病院5号館B1臨床講堂
対象 一般の方、東邦大学教職員・学生
定員 130名
備考 無料託児サービスあり(先着5名) ⇒申し込みを締め切りました
お問い合わせ 東邦大学 病児保育室 TEL:03-5763-6691

平成22年度男女共同参画推進に関するシンポジウム

私立大学における男女共同参画に係る環境整備と促進

2010年 12月 11日(土) 11:00—17:30

  • 参加費 無料
会場 TKP東京駅日本橋ビジネスセンター5階 「ホール5C」
(東京都中央区日本橋1-3-13 日本橋中央ビル 5F)
対象 本シンポジウムの開催趣旨に関心のある大学関係者
主催 (社) 日本私立大学連盟 男女共同参画推進に関するプロジェクト
『女性研究者支援モデル育成』事業 私立大学採択11校
 [東京女子医科大学、日本女子大学、早稲田大学、慶應義塾大学、津田塾大学、東海大学、日本大学、上智大学、東京都市大学、東邦大学、関西学院大学(採択順・五十音順)]
後援 内閣府・科学技術振興機構(申請中)

日本大学生産工学部・東邦大学 合同講演会

企業がめざす ダイバーシティ推進とイノベーション創出

2010年 10月 19日(火) 13:30~16:00(受付:13:00~)

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料
  • お問い合わせ:日本大学 生産工学部男女共同参画委員会
            東邦大学 男女共同参画推進センター
場所 日本大学生産工学部 津田沼キャンパス 37号館 101教室
(〒275-8575  千葉県習志野市泉町1-2-1)
対象者 日本大学生産工学部・他学部教職員、東邦大学教職員、学生、一般
主催 日本大学生産工学部男女共同参画委員会
日本大学研究委員会男女研究者共同参画専門部会
  女性研究者支援推進ユニット
東邦大学男女共同参画推進センター

第2回 私立大学合同シンポジウム

男女共同参画の輪をさらに拡げよう

2009年 12月 4日(金) 12:30~16:30

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料
場所 津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス 津田ホール
発起人校 津田塾大学
幹事校 慶應義塾大学、東海大学、日本大学
参加校 東京女子医科大学、日本女子大学、早稲田大学、上智大学、東京都市大学、東邦大学
(採択年度順・50音順)
お問い合わせ 津田塾大学 女性研究者支援センター
〒187-8577
東京都小平市津田町2-1-1 本館:H120
TEL/FAX:042-342-5142

東邦大学・日本大学生産工学部 合同講演会

私立大学理系学部における男女共同参画を考える

私立大学理系学部における男女共同参画を考える

2009年 10月 30日(金) 13:30~16:00(受付:13:00~)

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料
  • お問い合わせ:東邦大学 男女共同参画推進センター
場所 東邦大学薬学部C館101教室
対象者 東邦大学教職員、日本大学生産工学部教職員、他大学教職員、一般
主催 東邦大学男女共同参画委員会、日本大学生産工学部・日本大学女性研究者支援推進ユニット
後援 男女共同参画学協会連絡会、日本女性科学者の会

女性研究者のための研究入門講座(大森キャンパス)  『はじめてのトウケイ(統計)』

男女共同参画推進センターでは、女性研究者支援の一環として、研究を進めるうえで必要になります統計について、入門ワークショップ「はじめてのトウケイ(統計)」を開催することになりました。

統計を行ったことがない方、これから統計を行う予定のある方など、この機会に統計のしくみにふれてみませんか。はじめての方を対象としておりますので、お気軽にご参加ください。

開催日・時間

平成24年1月28日(土) 午後2時~4時

場所

大森キャンパス 医学部3号館2階 第2セミナー室

講座内容

質問紙を実施して集計したものをエクセルに入力し、統計ソフトSPSSに読み込み簡単な分析を行います。一連の流れを実際に体験しながら統計でよく使われる言葉の意味や入力方法について学びます。
参加予定の方は、事前に質問紙をお送りしますので、記入して当日お持ちください。

対象者

東邦大学教職員の皆様  10名程度

講師

石井幸子先生

申込み方法

ワークショップへの参加を希望する方は、①名前 ②メールアドレス ③ご所属 を明記の上、danjo-oのあとに@toho-u.ac.jpをつけてメールをご送信ください【1月20日(金)まで】。受講の可否については竹内から連絡させていただきます。

はじめてのトウケイ pdf

男女共同参画推進委員・メンター対象研修会(習志野キャンパス)
『男性性、女性性の違いを学ぶ』

21世紀に入った当初は「これからは女性の時代」と多くの人が声高に言いました。
しかしおよそ10年が経った今、リーダーシップ、人事研修、会社経営、商品戦略、教育など、あらゆる分野の第一線の人々は「21世紀は男性性と女性性の統合の時代」と認識し始めています。
男性と女性の両方の気持ちをイメージできないと チームワークも生まれないし、リーダーシップも発揮できないし、対話も生まれない、とさえいわれています。
1989年から研修、セミナー、カウンセリング事業を運営し続けてきた中で、働き盛りの人々に接してきた中での男性性と女性性の微妙な違いをユニークな視点でお伝えします。
職場や家庭の人間関係やコミュニケーションについての 実践的なヒントをつかみたいという、すべての方におすすめの内容です。

講師

中本 雅子 先生 (ワンセルフ・インターナショナル株式会社 メンタルトレーナー
            旧 ライフデザイン相談室 カウンセラー)

実施日・場所

2011年 12月 7日(水) 16:00~17:00
東邦大学習志野キャンパス 事務棟1階 第3会議室

対象者

男女共同参画推進委員(薬・理学部)
メンター教員
習志野キャンパス教職員

事前申し込み・お問い合わせ

人数把握のため 事前申し込みのご協力をよろしくお願い申し上げます。
下記のアドレスまで、ご芳名をお知らせください (12月2日(金)まで)。

【事前参加申込・お問い合わせ先】
男女共同参画推進センター(習志野)
E-mail: danjoの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

研修会チラシ(263 KB) pdf

女子学生のためのキャリアパス支援セミナー
『女性研究者が語る わくわく ワーク・ライフ・バランス』

「将来は 結婚したい。子どもも欲しい。でも仕事も諦めたくない!」というあなた。
人生の先輩である女性教員に、それぞれのライフステージにあわせて、どのように仕事と家庭とのバランスを取り、研究と育児とを両立させてきたのかについて お話いただきます。
いつまでもあなたらしく活躍し続けるためのヒントを見つけてみませんか。

実施日・場所

2011年 12月 2日(金) 15:00~16:00
東邦大学習志野キャンパス 理学部Ⅱ号館2階 大会議室

対象

女子学生(学部生・大学院生)

内容

  • 話題提供
  •   演者: 加知 千裕 先生
        (理学部 化学科;男女共同参画推進委員キャリアパス支援チーム長)
      演者: 渡辺 直子 先生
        (理学部 生物分子科学科;男女共同参画委員・推進委員)
  • 懇談

お問い合わせ

男女共同参画推進センター(習志野)
E-mail: danjoの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

セミナーチラシ(1.43MB) pdf

学生対象意識啓発セミナー
『みんなで考えよう! 男女共同参画を』

あなたにとっての“男女共同参画”とは、どのようなモノでしょう?

セミナーでは、学内外で女性研究者支援・男女共同参画について活動されております 大島 範子 先生と、最近話題になるずっと前から“イクメン”をされていらっしゃいます 西川 輝昭 先生 のお二人の理学部の先生より、それぞれ男女共同参画をテーマにお話を頂戴します。懇談の場も設けますので、いろいろと貴重な経験談も聞けるかと思います。
 過去~現状を知り、将来 皆さんが活躍する未来の社会での男女共同参画について、 一緒に考えてみませんか?

 女子学生さんはもちろん、男子学生さんも大歓迎ですので、どうぞ お友達とお誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。

実施日・場所

2011年 11月 9日(水) 15:00~16:30
東邦大学習志野キャンパス 理学部Ⅱ号館2階 大会議室

対象者

学生(学部生・大学院生)、教員等

内容

  • 話題提供
  •   『男女共同参画が拓く日本の未来 — 現状と課題 — 』
        大島 範子 先生 (理学部 生物分子科学科;男女共同参画委員長)
      『男女共同参画 — 私の場合』
        西川 輝昭 先生 (理学部 生物学科)
  • 懇談

お問い合わせ

男女共同参画推進センター(習志野)
E-mail: danjoの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

セミナーちらし(476 KB) pdf

薬学部・理学部教職員対象 意識啓発講演会(ハラスメント防止研修会)

教員・職員・学生と多くの人々の集まる大学には、セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・アカデミックハラスメントなど、多くのハラスメントが起こりうる要因があります。また意図しないでも、自分の言動が相手に“ハラスメント”ととられてしまうことも。ハラスメントのない職場を目指して、理学部教育開発センターとの共催で研修会を開催いたします。職場の仲間と、学生さんとの より良い人間関係構築のためにも、どうぞ皆様、ご参加ください。

実施日・場所

2011年 9月 28日(水) 15:00~16:30
東邦大学習志野キャンパス 習志野メディアセンター マルチメディアスタジオ
     理学部Ⅴ号館1階 5101教室

対象者

薬学部教職員
理学部教職員

内容

題目 ハラスメント防止研修
~学びやすく働きやすい学校づくりのために~
講師 樋口 ユミ 先生(株式会社 ヒューマン・クオリティー 代表取締役)
内容 ハラスメントについての講習 ならびに、
個々人での振り返りのためのアクティビティ

第2回 理学部長と女子学生とのつどい

昨年12月に引き続き、2回目の女子学生さんとのつどいを開催いたします。
皆さん、試験や発表会・就活準備等で忙しい時期かもしれませんが、たまには息抜きも必要なモノ。気分転換を兼ねて、是非いらっしゃいませんか。学科を越えたお友達の話を聞き 視野を広げることで、何か新しいアイデアがひらめくかもしれませんよ。

実施日・場所

2011年 2月 10日(木) 12:10~13:00
東邦大学習志野キャンパス 理学部Ⅱ号館2階 大会議室

対象者

女子 大学院生
女子 学部4年生

事前申し込み・お問い合わせ

人数把握のため、参加希望の方は 2月8日(火)までに 男女共同参画推進センターまで ご連絡をお願いします。お友達を誘って気軽にご参加ください。途中参加(退席)も歓迎しています。

【事前参加申込・お問い合わせ先】
 男女共同参画推進センター(習志野)
 E-mail: danjoの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

女子学生とのつどい(388KB) pdf

第1回 理学部長と女子学生とのつどい

昼休みの時間に、女子学生さんとお話しする集まりをもうけました。
まずは 理学部で女子学生が どんな研究を行っているか等、現状の情報交換を行い、さらに 将来を展望する機会にしましょう。

実施日・場所

2010年 12月 8日(水) 12:10~13:00
東邦大学習志野キャンパス 理学部Ⅱ号館2階 大会議室

対象者

女子 大学院生
女子 学部4年生

事前申し込み・お問い合わせ

人数把握のため、参加希望の方は 12月6日(月)までに 男女共同参画推進センターまで ご連絡をお願いします。お友達を誘って 気軽にご参加ください。途中参加(退席)も歓迎です。

【事前参加申込・お問い合わせ先】
 男女共同参画推進センター(習志野)
 E-mail: danjoの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

女子学生とのつどいチラシ(300KB) pdf

男女共同参画推進委員・メンター対象研修会(習志野キャンパス)
『4つのタイプ別アプローチ学習
   — 今、知っておきたい効果的な人間関係構築研修— 』

人には好むコミュニケーションスタイルがあります。
見落としがちの周りの人への気遣い、世代を超えて風通しのよい会話の促進などに 4つのタイプ別学習は非常に効果的です。
昨今、注目されているコーチングでも メインとなる大きな考え方になりますので、ぜひこの機会のその一端に触れる研修の受講をお勧めします。

講師

中本 雅子 先生 (ワンセルフ・インターナショナル株式会社 メンタルトレーナー
            ライフデザイン相談室 カウンセラー)

実施日・場所

2010年 12月 1日(水) 16:00~17:00
      12月 8日(水) 14:00~15:00
習志野キャンパス事務棟1階 第3会議室 (12/1 & 8 両日とも)

※ 両日とも同じ内容で お話していただきますので、いずれかご都合のよろしい回に ご出席ください

対象者

男女共同参画推進委員(薬・理学部)
メンター教員
習志野キャンパス教職員

事前申し込み・お問い合わせ

人数把握のため 事前申し込みのご協力をよろしくお願い申し上げます。
下記のアドレスまで、ご芳名と参加希望日をお知らせください (参加希望日前々日まで)。

【事前参加申込・お問い合わせ先】
男女共同参画推進センター(習志野)
E-mail: danjoの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

研修会チラシ(1.45 MB) pdf

女性研究者(医学研究者・看護職研究者)のための「研究費獲得ワークショップ」
—研究と臨床を楽しく両立させるために—

東邦大学男女共同参画推進センターでは、臨床と研究の両立を目指す医学研究者・看護職研究者を対象とした、研究費獲得のためのワークショップを開催いたします。科学研究費補助金の申請書の書き方を中心に、11月の申請を目指して自分の研究について検討してみませんか?
男女共同参画推進センターは、「女性研究者支援モデル事業」として活動していますが、男性の参加者も大歓迎です。
参加希望者は、氏名・職名(医師・看護師)、所属(病院名・所属科・病棟)を明記の上、件名を「ワークショップ受講希望」として、下記Eメールアドレスへお申し込みください。
申込先: 東邦大学男女共同参画室 神前裕子
E-mail:danjo-oの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

実施日

  1. ワークショップ:2010年 10月4日(月) 18:00~20:00(大橋病院)
  2. ワークショップ:2010年 10月5日(火) 18:00~20:00(佐倉病院)
  3. ワークショップ:2010年 10月9日(土) 14:00~16:00(大森病院)

場所

  1. 10/4(月)大橋病院 研究棟 第1会議室
  2. 10/5(火)佐倉病院 東棟1階講義室1-3
  3. 10/9(土)医学部本館3階 第5講義室

主催

男女共同参画推進センター

お問い合わせ

男女共同参画推進センター(大森キャンパス) 神前裕子(直通03-5763-6685,内線2103)
E-mail: danjo-oの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

男女共同参画推進センター・化学科 共催講演会
  「女性科学者からのメッセージ
    ~サイエンスを楽しみ、人生を楽しむ方法~」

科学を志した女性たちは何を考え、どんな道を歩んできたのでしょうか。そして今どのように科学を楽しみ人生を楽しんでいるかを、東邦大学理学部化学科卒業生である4名の女性科学者にお話ししていただきます。皆様のご参加をお待ちします。

実施日・場所

2010年 7月17日(土) 14:00~17:00
東邦大学習志野キャンパス 薬学部C館 101教室
 (懇談会は 理学部Ⅱ号館 大会議室)

対象者

学部生・院生・教職員・高校生 他

プログラム

  • 開会の挨拶 (14:00—14:05)
  • 講 演   (14:05—15:55)
  •   『研究者を志して』
        飯塚 裕子 氏(旭化成イーマテリアルズ株式会社
                クリーンエネルギー事業開発センター)
      『研究者になっていました?!~ただいま研究と育児に奮闘中~』
        飯嶋 寛子 氏 (東京大学大学院理学系研究科)
      『オリジナルのキャリアを拓く
          -家庭を持つ博士女性研究者の立場より-』

        鄭 美和 氏 (国立医薬品食品衛生研究所)
      『研究と育児の楽しさ』
        武井 史恵 氏 (大阪大学産業科学研究所)
  • 閉会の挨拶 (15:55—16:00)
  • 懇談会   (16:10—17:00)

お問い合わせ

男女共同参画推進センター キャリアパス支援チーム
E-mail: danjo_careerの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

講演会ポスター(368KB) pdf

薬学部・理学部教員対象講演会 (ハラスメント対策講演会)

理学部人権セクハラ情報委員会、薬学部ハラスメント対策委員会および男女共同参画推進センター(習志野キャンパス)の共催で、ハラスメント対策講演会を開催いたします。短い時間ですが、内容の濃いお話が聞けると思いますので、奮ってご参加くださいますようお願いいたします。

実施日・場所

2010年 6月23日(水) 14:40~15:30
東邦大学習志野キャンパス 理学部Ⅴ館1階 5101室

対象者

薬学部教員・理学部教員

内容

題目 「ハラスメントのない大学にするために」
講演者 棚村 政行 先生
(早稲田大学法学部教授・女性研究者支援総合研究所長・弁護士)

【プロフィール】 早稲田大学のセクハラ対策委員会の初代委員長。専門は民法。夫婦別姓を認める運動の中心人物で、女性研究者支援にも関与。

研究者のための「身だしなみ講座」
—充実したワークライフバランスのために—

東邦大学男女共同参画推進センターでは、研究者の皆様がワークライフバランスを楽しみながら生活されることを目指しています。今回は、(株)資生堂にご協力いただいて、「身だしなみ講座」として、皆様がより美しく、自分らしくいきいきと過ごせるように、スキンケアやメークアップ方法を実習・ご指導いただきます。また、皮膚科の関東裕美先生によるご講演(「皮膚の老化をどう防ぐ~化粧品の効用~」)もございます。参加を希望される方は下記のポスターをご覧になって、お申し込みください(※参加申し込みは、4月28日から開始します)。

講演会ポスター(103KB)  ※ポスター修正しました。(5/12) pdf

実施日・場所

2010年 5月25日(火) 13:45~16:30
(大森地区 医学部3号館2階 第2セミナー室)

主催

男女共同参画推進センター

お問い合わせ

男女共同参画推進センター(大森キャンパス) 神前裕子(直通03-5763-6685)
E-mail: danjo-oの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

看護職研究者のための「研究入門講座」(研修会およびワークショップ)
—研究と臨床を楽しく両立させるために—

東邦大学男女共同参画推進センターでは、“看護職研究者のための研究入門講座”を開催します。これまでも臨床のみではなく、研究を実践されてきた看護師の皆さんが、より積極的に研究を遂行し、より楽しく臨床と研究が両立できるように支援していきたいと考えています。まずは、研修会として、“研究計画の立て方”や今後本学で始まる「非常勤研究生」制度についてご紹介したいと思います。そして、ワークショップとして、皆さんが現在行っている研究、あるいは今後行いたい研究を題材に、医学や看護学、心理学の研究者である講師がファシリテーターとしてグループワークに参加し、研究の方向性の検討を行いたいと考えています。

実施日

  1. ワークショップ:2010年 2月20日(土) 9:00~17:00(佐倉病院)
  2. 研修会:2010年 2月22日(月) 18:00~20:00(大森病院)
  3. ワークショップ:2010年 2月27日(土) 9:00~17:00(大橋病院)
  4. ワークショップ:2010年 3月6日(土) 14:00~18:00(大森病院)

場所

  1. 佐倉病院 東棟1階会議室
  2. 医学部 地下1階 第4講義室
  3. 大橋病院 臨床講堂および会議室
  4. 医学部 5号館地下1階臨床講堂

主催

男女共同参画推進センター

お問い合わせ 

男女共同参画推進センター(大森キャンパス) 神前裕子(直通03-5763-6685)
E-mail: danjo-oの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

男女共同参画推進委員対象研修会(習志野キャンパス)

実施日

2010年 2月18日(木) 17:00~18:30

場所

東邦大学理学部 大学院セミナー室 (4250号室)

対象者

男女共同参画推進委員(薬・理学部)

内容

題目 「女性研究者支援等の政策はどのようにして決まるのか
 —現場の声を政策に反映させるために—」
【講演者】尾崎 美和子氏
(早稲田大学生命医療工学研究所 教授、
早稲田バイオサイエンスシンガポール研究所 主任研究員)

メンター研修会 (習志野キャンパス)

実施日

2010年 1月19日(火) 16:30~17:30

場所

東邦大学理学部 大学院セミナー室 (4260号室)

対象者

メンター教員
男女共同参画推進委員(薬・理学部)
理学部 人権・セクハラ情報委員会委員

内容

題目 「学生や院生の相談を受け、対応する際の留意点
  —メンターとして知っておきたい8つのコミュニケーション・ポイント」
【講演者】 中本 雅子氏
(ワンセルフ・インターナショナル株式会社 メンタル・トレーナー、
ライフデザイン相談室 カウンセラー)
内容 相談員として学生や若手研究者に対応する際に注意すべき言動について、そのコミュニケーション方法が相手に対して及ぼす効果などを、体験談を交えてお話しいただいた。

女子学生のためのキャリアパス支援講演会
— 企業で研究分野で、一人ひとりの能力を開花させるために —

東邦大学男女共同参画推進センター・キャリアパス支援チームでは、“女子学生のためのキャリアパス支援講演会”を開催します。将来の自分の働く姿をどんなふうに想像していますか? 就職活動で苦しんでいるあなた、大学進学か就職か進路に悩んでいるあなた、先のことはあまり考えてこなかったあなたも、是非参加してください! もちろん男子学生の皆さんの参加も歓迎します。
講師としてお招きしたのはリコーITソリューションズ株式会社 取締役 会長執行役員の國井秀子さんです。女性の働く環境がワークライフバランスの視点で整備された企業の取り組みやその効果、女性が企業で働くことなどをお話頂きます。
講演会の後には、講師・東邦大で働く女性教員・参加者のみなさんも一緒に、懇談会も企画しています。みなさんの将来を描く一助になれば幸いです。

実施日

2009年 12月 2日(水) 15:00~17:00

場所

理学部2号館2階 大会議室

内容

15:00~16:00 【講演者】 國井 秀子(理学博士. リコーITソリューションズ株式会社 取締役 会長執行役員;株式会社リコー 理事)
「私のキャリアと新たな世代への期待」
16:00~16:15 【話題提供】 加知 千裕(理学部化学科講師)
「私が化学の研究者になるまでなってから
—大学で子育てと研究・教育を両立させる毎日について—」
  その後、出席者全員で懇談します。

主催

男女共同参画推進センター キャリアパス支援チーム

事前申し込み・お問い合わせ

当日参加も大歓迎ですが、参加人数のおよその把握のため、事前申し込みのご協力をお願いします。
下のアドレスに 1.氏名 2.所属(学部・学科・学年)をお知らせください。
E-mail: danjo_careerの後ろに@jim.toho-u.ac.jpを付けてお送りください。

薬学部教職員対象講演会

実施日

2009年 11月 11日(水) 14:30~15:50

場所

東邦大学薬学部 第3会議室

対象者

薬学部教職員 14名(うち女性 6名)

内容

題目 「アカデミアにおける男女共同参画推進-東京大学の場合—」
【講演者】 都河 明子氏
(東京大学 男女共同参画オフィス 特任教授・コーディネーター)
内容 これからの社会における女性研究者の活躍の必要性や女性研究者の現状、政府や企業における男女共同参画の取組み、そして具体例として東京大学における様々な取組みについてご講演いただいた。

管理職対象講演会

実施日

2009年 9月 18日(金) 17:00~17:40

場所

東邦大学医学部 第1会議室

対象者

管理職職員 52名(うち女性 2名)

内容

題目 「企業におけるダイバーシティの推進—組織で活躍する女性を育てるために」
【講演者】 國井 秀子氏(Ph.D)
リコーITソリューションズ株式会社 取締役 会長執行役員, IEEE WIE Japan 議長
内容 社会・環境変化への対応力(順応力)における企業・組織のダイバーシティの重要性、および女性の活躍と企業の活性化との関係について、リコーITソリューションズにおける様々な取り組み(女性の登用を阻む要因に対する対処策など)を具体例として示しつつご講演いただいた。

理学部教職員対象講演会

実施日

2009年 9月 10日(木) 9:30~10:30

場所

ウィシュトンホテル ユーカリ 5F イースト

対象者

理学部教職員 83名(うち女性 9名)

内容

題目 「女性研究者・若手研究者の活躍促進—科学技術振興調整費の活用に向けて」
【講演者】 塩満 典子氏
((独)科学技術振興機構 (JST)科学技術振興調整費業務室長)
内容 科学技術振興調整費のうち特に女性研究者および若手研究者を対象とした事業について、研究者の現状を踏まえてその内容等についてご講演いただいた。