ホーム > 研究者のよこがお > 女性研究者のすがお > 水入 苑生(医学部/本学名誉教授)

東邦大学
ダイバーシティ推進センター
(旧 男女共同参画推進センター)
大森キャンパス
直通:03-5763-6685
代表:03-3762-4151
(内線:2103)

お問い合わせ

水入 苑生 Mizuiri Sonoo (医学部/本学名誉教授)

略歴

1970(昭和45)年  4  
東邦大学医学部卒業後東邦大学大森病院にて研修

1971(昭和46)年 6月  
東邦大学医学部研究生(内科学第2講座)

1972(昭和46)年 7月  米国在住のため2年間休職

1974(昭和48)年 7月   
東邦大学医学部研究生(内科学第2講座)復職

1974(昭和49)年12月  川崎中央病院内科に出向

1976(昭和51)年  6月   東邦大学医学部助手(内科学第2講座)

1979(昭和54)年  6月  川崎中央病院内科出向

1980(昭和55)年  6月  東邦大学医学部復職(内科学第2講座) 

1981(昭和56)年  9月  東邦大学医学部腎臓学研究室移籍

1983(昭和58)年12月  東邦大学医学部講師

1989(平成  1)年  6月  済生会横浜市南部病院出向(透析センター部長)

1991(平成  3)年  4月  東邦大学医学部腎臓学研究室復職

1991(平成  3)年  9月  東邦大学医学部助教授(腎臓学研究室)

2003(平成15)年 7月   東邦大学医学部付属大森病院人工透析室室長

2005(平成17)年 2月  東邦大学医療センター大森病院腎センター教授

2011(平成23)年 3月  東邦大学退職, 東邦大学名誉教授

2011(平成23)年 4月  一陽会原田病院腎臓内科科長                                  

2012(平成23)年 4月  一陽会原田病院透析室室長兼任現在に至る

<認定医・役員>
日本内科学会認定医 
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医

日本臨床腎移植学会認定医
日本透析医学会評議員・日本腎臓学会理事であった。

<所属学会> 
International Society of Nephrology, American Society of Nephrology, International Society of Peritoneal Dialysis, 日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、

本腹膜透析医学会、日本臨床腎移植学会
 
 
<研究テーマ>
腎疾患における
ACE, ACE2 の役割

CAPDにおける腹膜劣化

インタビュー

これまで一番苦労した時代のことをお聞かせください。

2008 American Society Nephrology
Poster 発表

 苦労と言うほどの苦労はした事はない気がします。あえて上げるなら1972年結婚直後~2年間夫の留学のため米国に行き、主婦として過ごしました。1974年帰国し第2内科に戻りましたが、アパートの家賃を払ったら、所持金が4万円程度となり、1ヶ月間鯵の干物ばかり食べて生活しました。魚屋さんが住んでいるアパートの1階にありましたが、貧しいと思われたのでしょうか、売れ残ったと言ってお刺身や天婦羅を差し入れして頂いた事を思い出します。私は無給でしたが1ヶ月後、夫の給料が出て、「今日はお刺身を買うぞ」と思って、下の魚屋さんに行くと「今日の鯵の干物は最高だよ」と言われ、やはり鯵の干物を買ってしまった事を思い出します。また、そのころ同級生は卒後3年目で内科医として独り立ちできていたのに、私は採血もできず、薬の事もちんぷんかんぷんで多少苦労しました。しかし、当時は2内に同級生がおり、色々教えてくれたり、助けてくれたり、一緒に当直してくれたりしました。   
大分先の
1978年頃の事となりますが、他大学出身の先生に学問はピラミッドで成り立っており、あなた達はピラミッドの底辺から這い上がれないと言われました。そのことが契機で、開業医になるという目標を捨て、研究をしようと思いました。大学5年生で父を腎不全で亡くしたため、腎疾患に興味を持ち、研究班は2内の平田清文先生主催の腎グループに所属しておりました。当時、先輩たちは血液透析、腹膜透析、腎生検など臨床的な活躍は,すさまじくやっておられました。一方、研究室は殆ど未使用で動物実験は教わるのではなく、自身で 「try and error」で、errorの連続でした。まずはPBS作成を試みましたが、うまく出来ませんでした。1人で5/6腎摘(腎不全)ラットの作成に取り組みましたが、片腎摘出後、残腎の上極1/3と下極1/3の血管結紮ではうまくいきませんでした。腎センターの外科の先生が出張先で不要になった電気メスを持ち帰り、これで残腎2/3を電気凝固しみたらと言われ、その方法でやっと腎不全ラットが完成しました。酵素抗体法を用い健常ラットと腎不全ラットで腎組織のレニン、アンジオテンシン、アンジオテンシン変換酵素(ACE)がどう異なるかを調べたいと思いました。当時は東邦大学で酵素抗体法は未だやっていなかったので、週1回許可されていた外勤日(アルバイト)を返上し、東海大学共利研(病理)に習いに行きました。渡辺慶一教授にACEではなく、腎臓のグルタチオンペルオキダーゼを染めなさいとテーマを変更されてしまいましたが、手技は電顕酵素抗体法までしっかり教えてもらえました。染色のみならず、動物実験法、試薬作成法など色々教えてもらいました。手技を習得したかったので、4年間、水曜日は朝5時起きして、小型のドライアイス入りアイスボックスの中に、ラット腎組織を入れて伊勢原の東海大学に通い、健常ラットと腎不全ラットのグルタチオンペルオキダーゼに関する英文論文を2編書きました。苦労というよりは、今日はうまく染まるか染まらないか?とわくわくしていた気がします。
 

研究、臨床、教育での一番の喜びをお聞かせください。

 臨床では尿毒症、肺水腫で入院してきた患者さんが1回の透析で楽になられた時、ネフローゼの患者さんの蛋白尿が0になられた時、維持透析患者さんが腎移植を受け、ope室で初尿が出た瞬間など、腎臓内科医とはいえ、泌尿器科の先生達と一緒に腎炎から透析、腎移植まで一緒に診れ、腎移植術の助手までやらせて頂き、喜びの多い科を選んだと思っております。小児腎移植で日本一の長谷川昭教授が腎センター外来に1986年赴任され、毎夕約1時間の症例カンファレンスで色々お教え頂き、幸運であったと感謝しております。

 研究では健常者と異なり、糖尿病性腎症患者の腎糸球体には強いACE局在があり、それが糖尿病性腎症の蛋白尿にACEIが有効である一因となっている事を示し、1998AJKDに論文が掲載された事です。それは、ほんの短期間の腎生検組織を用いた検討でしたが、それまでの動物実験や1995年からは逸見仁道先生のご指導の元、分子生物学的実験を嫌という程やって来てたどり着いた成果であったと思っております。

 教育では、とても高潔な喜びとは言えませんが、学生が自分の授業を聞いて、腎センター入局を決めてくれた時、自分の指導した医師の研究が論文になった時です。

尊敬する方や目標としていることについてお聞かせください。

1998年 腎センタードクターラウンジで

 尊敬する方
 
同じ東邦大学腎センター所属であった1年先輩の小原武博先生です。
とても頭の良い泌尿器科医です。東邦大学に腎センターの前身
artificial kidney centerADC)が開設されたのは1975年で、医師はこの先生を含む20代の2名と研修医の私のみでした。腎臓医としてスタートしたばかりの私は小原先生から血液透析患者のシャント手術、腹膜透析患者の腹腔穿刺、血管造影など多くの事を教わりました。なにより、臨床医としての心がまえを教わりました。東邦大学では1976年、腎移植がはじまりましたが、当初は急性拒絶反応や、消化管出血で難しい症例が多かったです。小原先生は50日以上、当日直で24時間、患者さんのためにずっと働いておられました。その姿勢は2005年助教授を退任されるまで変わりませんでした。私は同じにはできませんでしたが、臨床の初めに素晴らしい先生にお会いできたと思っており、今も尊敬しています。


目標 患者さんに好かれる医師なる事

座右の銘やご自身に言い聞かせてきた言葉など教えてください。

 第2内科に入局した折、阿部達夫教授に「君はどんな人生を歩みたいかね」と尋ねられ、「自由奔放、波乱万丈な人生を歩みたいです」と答え、叱られました。今、振り返りますと私の歩んだ道は波乱万丈であった気が致します。
 
座右の銘は  「 Young at Heart 」 です。
東邦大学を
65歳で退職した際に求めた紫色のノートパソコンの蓋部分に
好きな文字を彫れるとの事で「Young at Heart 」という言葉を自分で考えて彫ってもらいました。後に、Young at  Heart と言うフランクシナトラの歌がある事を知りました。心が若ければ、どんな事もできると言う意味だと思います。

次世代の研究者に期待したいことは?

 患者さんに役に立つ研究テーマを独りではなく、周りの指導者、先輩にも相談して、最後は自身で決めて、同じテーマでの研究を一生続けて欲しいです。臓器の再生医療など魅力的なテーマは溢れています。
 

ご自身のワークライフバランスを、今振り返ってみると…

 18歳で東邦大学に入学し65歳で退任するまで2年間の米国生活、3年10ヶ月の関連病院出張を除き、すべて東邦大学で過ごしました。恵まれた、温室で人生の大半を過ごした事になります。25歳で結婚しましたが、子供はいないので子育ての喜びも、苦しみも話しでしかわかりません。また、亡くなった義母と同居したことはなく、私の母は96歳ですが、認知症はなく、4年前に車椅子生活となったのを機に介護らしい介護をする前に主治医のはからいで、現在私が勤務している病院が経営しているサービスつき高齢者住宅に入所致しました。そんな訳で私は働く女性医師のロールモデルにはなり得ないと思います。「人生一度きりなので好きな事をしなさい」と言う家族の言葉もあり、仕事第一主義で、家事は重視せず、ワークライフバランスは悪かった気が致します。
 日本腎臓学会で、食事療法改定や専門医制度委員会の仕事を長くやり、短期間ではありましたが、財務委員会、男女共同参画委員会の仕事もし、他大学の先生と親しくなれ、外部からの刺激を受けた事は良かったと思っています。2006年発足した日本腎臓学会男女共同参画委員会では常勤医でなくても、所定の要項を満たせば受験資格取得可という腎臓専門医制度規定変更に尽力しました。女性の腎臓専門医増加にほんの少し、寄与できたかも知れません。余裕があれば、教育や学外の仕事をこなす事は自身の向上にもつながる事だと思います。
 現在は腎疾患を主体とした広島市の一般病院で月~木のフルタイム勤務をしており、透析患者が
750例くらいいますので、若い先生と一緒に臨床的研究のみを細々と続行しています。週2-3回は水泳をしており、大学にいた頃より余裕があるのだと思います。

 ダイバーシティ推進センターに今後期待したいことをお願いいたします。

 東邦大学の教員・職員が何かに困った時に、解決を手助けできるセンターとして存在して欲しいとおもいます。中にはダイバーシティ推進センターの存在を知らない職員もいるかもしれませんので広報活動も重要かもしれません。

 水入先生から、次世代のみなさんへメッセージをお願い致します。

 その日できる事を精一杯やって、次の日を迎えれば悔いのない人生が送れると思います。どの部署に所属されていても、東邦大学の全部署を効率的に利用して研究成果を上げて欲しいと思います。

最終講義で学生さんと(2010.9.3)
(2018.4.3)